読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ・アイドルマスターシリーズに望むこと

 

 先日、アニマス・アニデレを(ドライブ中に)語る機会があったので、アニメシリーズに対して望むことをまとめてみました。

 

f:id:pikahibi:20170113182446j:plainf:id:pikahibi:20170113182542j:plain

 

 アニマスは2011年 8月 放送開始

 アニデレは2015年 1月 放送開始

 

 ぼく個人としてはアニマスもアニデレも成功した作品だと思っています。

 窓口を広げたという意味でですが。

 アニメを切っ掛けにしてアイドルマスターの登場人物を知った、という人は多いのではないでしょうか?

 

 

「ならアニメはつくるだけでいいの?」

 

 個人的にはそれだけでもいいのですが、まあファンアイテムとしてなら人におすすめできる内容であってほしいですよね。

 


 アイマスはキャラクター商売ですよ。

 音楽の種類も豊富。

 カバー曲も幅広い。

 歌詞がキャラやシナリオに深みを持たせることもある。

 ファンが増えるのも頷けますね。

 

 持論を二つ述べます。

 

・キャラクター商売というものは、キャラクターの可愛さ・カッコよさを前面に押し出すこと!

アイドルマスターで大切なのは、プロデューサーとアイドルが共に成長すること!

 

 この二つを統合して、

 

「アイドルが可愛かったりカッコよかったりしながら、プロデューサーと共に成長してほしい!」

 

 というのが、アニメ・アイドルマスターシリーズにぼくが(最低限)望んでいることです。 

 その考えを念頭に置いてスタッフには製作にあたってほしいですね。

 

 残すはミリオンライブとSideM、どちらもいいアニメになるといいなあ。

 

 

 

 

 

 終